光る泥だんごの授業

地元の小学校5年生の道徳で、「光る泥だんご」の授業を行いました。

完成した1クラス約40人分の泥だんごです

最初、「左官を知っている人!!」と質問しましたが、なんと、手を挙げた人は0人でした・・・ということで、「鏝」「鏝板」を見せて左官の説明をしましたが、ふ~ん・・・。という感じ。。。

でも、事前に作っておいた「光る泥だんご」を見せると、みんな興味津々ホントに光るのか、半信半疑ながらも真剣に作り始めました!

先生も一緒に挑戦です


しっかりと出来上がり、とっても嬉しそうな笑顔です

まとめとして最後にこんな話しをしました。
『どこにでもある土や砂や石灰などを上手に組み合わせて、一生懸命磨くことでとっても輝くきれいなものに生まれ変わります。これは人でも同じことが言えると思います。また、一個だけでは失敗しているのも、きれいに光っているのもありますが、こんなかんじ(一番上の写真)でみんなまとまると、何倍も良いものになります。ですので、みんなも協力し合いながら、一人一人がさらに輝きを増すようにがんばってください。』

・・・本当は、『大きくなったら左官の家の壁に塗り壁をしてくださいね。』そして、『この中から一人でも左官の職人になってくださいね。』
と言うつもりでしたが、忘れてしまいました・・・

それにしても、貴重な体験をさせていただきました。
先生、生徒さんみなさんありがとうございました。
もう一度挑戦したければ、いつでも遊びに来てくださいね