ブロックベースコンクリート

左官工事の一つにもなると思いますが、エクステリア(外構工事)でよくある一コマの作業、「ブロックベースコンクリート打ち」です。(コンクリートブロックを積むための下地のコンクリート打ち作業)

なにげなく作業しているように見えますが、実は色々と考えるポイントがあるんです。

①ブロックベース幅は?
②   〃    の砕石とコンクリートの厚さは?
③お隣さんとの境界ラインとの取合いをどうするか?
④鉄筋の配筋ピッチをどうするか?
⑤水平に型枠が入っているか?
⑥天気はどうか?
⑦コンクリートの量と配合(スランプ,強度,骨材の大きさ)は?
⑧生コン車が入ってこれる程度の道路幅はあるか?
⑨洗い水をどうするか?
⑩コンクリート打ち後、その日は作業が出来ないので、他の場所の段取りの確保。

などなど。

こんなコトを毎日考えながら作業してるんですね