左官

生モルリキッド打設工事 浜松市中区

生モルリキッド

生モルリキッド
生モルリキッドは、生モルタルに添加することにより、セルフレベリング材※に近い流動性、施工性、レベル性を付与できる材料です。液状のため、練り混ぜ作業が容易にできる画期的な混和液です。

※セルフレベリング材
石膏またはセメント系の自然流動材です。トンボでならすことで、平滑な床下地を素早く完成させることができます。

通常、生コン車から出てくるモルタルを生モルタルと言い、写真の通り少しシャビシャビした感じです。

正式名称は「NS生モルリキッド」で、NSはメーカー名の日本化成(株)の略式が入っています。

蓋を開けると、ドロ~っとした茶色い液体が入っています。これを生コン車に水と一緒に投入し、攪拌(かくはん)するとレベリング材に変わります。

フロー試験

打設する前にフロー試験という材料の流動性を確かめる試験を行います。

直径5㎝高さ5㎝の筒(写真:青い筒)に材料を入れ、それを引き抜いた時に材料がどれだけ広がるかを確かめます。

合格範囲は、19㎝~21㎝の範囲内です。今回は19.2㎝でしたので合格です。

打設完了

打設前はきれいに掃除して専用のプライマーを塗ります。

中1日で人が乗ることができる状態になります。所定強度と乾燥の為には、10日間の養生が必要です。

下地材なので、長尺シートなどの貼物をすれば完成です。

カテゴリ一覧

施工内容を下記より選択してください

工法を下記より選択してください