鉄骨造・鉄筋コンクリート造

内部エントランス壁 ジョリパット割肌仕上げ 浜松市

鉄骨建物のエントランスの内部壁をアイカ工業のジョリパットで仕上げました。高さが約5.5mもある壁なので、何度も打合せを重ね、クラック防止の為に下地ボードを2枚にしたり、大壁を化粧目地で区切ったりなどを話し合いました。

今回の仕上げパターンは「割肌(わりはだ)」です。スクラッチ系のパターンで、人気のエンシェントブリックを少し滑らかにした感じです。

やりかたは一つではありません。現場状況も毎回違います。これからも柔軟に対応していきます。

カテゴリ一覧

施工内容を下記より選択してください

工法を下記より選択してください