輪島の土蔵修復活動~後編~

2日目です。
今日は「三和土(たたき)」の仕上げになります。

昨日作業した下地の状態です。
一晩で結構しっかりと固まっています。

昨日と同じく土を均します。
できるだけ平らに均しておかないと仕上がりも平らになりません。

バラス(砂利)を撒きます。

ゴザを敷きます。
畳表仕上げ」といって畳の模様を出す仕上げをするためです。

そして、均一に叩きます。

このような模様に仕上がります。

施工後です。
民家にあった普通の土が左官職人の手が入るとこんなに素敵になってしまいます。
通りかかった近所の4~5歳くらいの女の子達が「こんな家に住みたいね~」と言ってくれたのが印象的でした。

自然の土の持っている材料の特性(色や風合い、固さなどの性質)を建築材料として上手に利用することってすばらしいですね。