勝手口のステップ台

どこにでも普通にみる「勝手口のステップ台」です。
これを見ると案外左官職人の腕の差が腕がよくわかったりします

作業工程の流れは以下の通りです。

  1. 基礎に寸法線を書く→そのときモルタルの塗り厚分も計算しておく
  2. コンクリートブロックを積む
  3. 中に土やコンクリートを入れる
  4. モルタルで土間や立ち上がりを塗りつける
    →そのときに水がたまらないように水勾配をつける
    →定規を使って(貼りつけながら)寸法通りにモルタルを塗る
    →面引き鏝で角を直角、垂直に決める
  5. 金ゴテで鏝波のないように綺麗に押さえる

以上

こんなかんじで、左官の基本的な作業がほぼ含まれています。
そして慣れた職人はこれを一日かからずに作ってしまいます。

玄関ポーチとは違って控えめにひっそりとたたずんでいる
このステップ台
こんどじっくり見てみてはいかがですか??