HOME >ブログ > >左官の鏝(材質編1)

左官の鏝(材質編1)

今回から何回かに分けて鏝(こて)について解説します。
左官職人が壁を塗るために必要な道具ですが、
本当にたくさんの種類があります。
01405
一般の方はとても分かりにくいので、
できるだけ分かりやすく
基本的な部分を説明します。

まず、鏝の種類は、

1.材質 2.形状 3.大きさ 4.壁の仕上げの種類

など全てにおいて違い、何百、何千種類もあるといわれていますicon08
つまり左官職人は、用途に応じて使う鏝の種類を変えていくわけです。

--------------------------
今回は
1.材質>についてです。
つまり、鏝は何でできているんでしょうか?ということです。

一般的によく鏝屋、金物屋で市販されているものでは、
A.鉄 B.ステンレス C.木 D.プラスチック
があります。
そしてこれらは、

なんで違うの?」「 どのように使い分けているの?

なんてこともよく質問されますが、
一言でいうと

固さが違って、塗りやすさと仕上げよって使い分けている

ということなんだと思います。
つまり、
表現が微妙なんですが、「厚くてやわらかくてザラザラの鏝」は、
塗るときに滑らないので、塗りやすく平らにしやすいです。
そのかわり、塗ったときの表面の表情(肌)は荒くなります。
一般的に「木鏝」なんかが分かりやすいと思います。
02325
「木鏝」名前の通り木で出来ています。

逆に、ステンレスの鏝は「硬くてつるつる」ですので、
土やモルタルを塗りつけるときは、滑って塗りにくいです。
なので、最後の仕上げで押さえるときに使用すると、
とても表面がとても細かくきれいになります。
03230
「ステンレス鏝」

では、「A.鉄」の鏝はどうなんでしょうか?
鉄の鏝はさらに細かく分類できます。
                                     つづく。

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ