HOME >ブログ >左官【外部】 >和洋漆喰物語

和洋漆喰物語

昨日、「伝統技法研究会」主宰の
「漆喰彫刻と石膏彫刻の技法」という講座を聴講してきました。

講師は、模型職人の「十川忠久」さんと、左官職人の「湯田雄二」さんです。

第一部は十川さんの石膏模型や石膏飾りの修復についてです。
彼は今では数少ない石膏模型の職人で、
ベトナムチャンパ王国のミーソン遺跡の超精巧な模型の制作実例を例に挙げ、
その石膏模型の作り方を教えていただきました。
また、旧安田邸の天井石膏彫刻の修復工事の制作手順なども話されました。
01237
この写真はパーツの一部です。この精巧なパーツを一つ一つ作成し、
組立していくようです。気が遠くなります。。。


第二部は神奈川の左官職人、湯田さんが講師です。
彼は「石膏彫刻」や「蛇腹引き」の達人です。
ちなみに蛇腹引きとは、
02200
よくあるのが、天井と壁の入隅にあるこの写真にある白い飾り部分のことです。
西欧風の建物でよく見かけますよね。

これを左官職人が、
03150
こんな道具を使って、(すべて手作りです)
04100
このように引いて制作します。

最近は、「石膏」で作ることが多いのですが、
それ以前は、写真のように「漆喰」で蛇腹を引いていました。
石膏に比べて漆喰は何度も重ねなければならないので
とても大変な作業になります。


伝統的な左官のシゴトを知る貴重な講座だったと思います。
0568

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ