伝統工法

小舞掻け 浜松市北区 Y様邸

小舞掻きを施工しました。柱間に渡された貫(ぬき)に間渡し竹を掛けて、これに小舞竹を格子状に添わせて縄で組みます。
このあと、壁土を塗って最後に漆喰(しっくい)などで仕上げる工法を「小舞壁(こまいかべ)」といいます。
ビニール紐でなく、藁縄(わらなわ)を使用しています。伝統的な左官の技です。

カテゴリ一覧

施工内容を下記より選択してください

工法を下記より選択してください