HOME >ブログ >材料 >ドロマイトプラスター

ドロマイトプラスター

ドロマイトプラスター」についてです。
よく「ドロプラ」などと略して言う方も多いです。

この材料は戦後の一時とても盛んに使用されたとかで、
丸ビルや国会議事堂、
日本住宅公団の工事共通仕様書にも取り入れられ、
小学校校舎の壁にも塗られていたそうですicon08
でも今はほとんど見かけることが無くなってしまいましたが、
リシン」の混和剤に入っています。

消石灰」は「石灰石」を焼いて水を加えてできるように(昨日のブログ参照)、
ドロマイトプラスター」は、「雲母石、苦灰石」を焼いて水を加えて
できる材料です。
01397
左官材料としては「」で練るだけで塗ることができるようになります。
接着性がよく薄塗りができる反面、
粒度が細かいので割れやすく下地の状態によっては
浮きやすいというということもあるようです。

正直私は塗ったことがありませんので分かりませんが、
いろいろ可能性のある材料に思えるのですが・・・??









(参考資料:CONFORT土と左官の本3,株式会社建築資料研究社,2005年5月1日発行)

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ