東京左官ツアー2

次に「教文館」 東京都中央区銀座4-5-1を訪れました。この建物はアントニン・レーモンドという建築家が設計しています。4階にCafeがあり、そこの壁が漆喰の磨きと、大津磨き(模様の部分)で仕上げられています。

この模様の部分が現代大津磨きです。日本全国の8つの土を調合して色をつくっています。

斜めから見るとこんなに光っています。

デザイン/木村謙一  
制作/小沼 充・白石博一 
ということです。

とても雰囲気の良い上品なCafeでした。(実は6階にもこの壁がありますよぉ。)