HOME >ブログ

ブログ

2008年10月23日

漆喰と珪藻土の施工例

住宅の玄関・廊下の「漆喰押え仕上げ
01112
和室の「珪藻土(石灰系)フラット仕上げ
02110
を施工しました。

とても左官に興味のある工務店さん(設計屋さん)の仕事でしたが、
自然の健康的な本当にまじめなイエづくりをしているところです。

左官壁は、機能的なメリットicon24はありますが、
樹脂が入っていないための亀裂(クラック)が入りやすいリスク、
湿式工法による工期日数の多さなどのデメリットicon25もあります。

ですが、やはり丁寧に手を加えた現場は、
それだけよい空間になりますし、価値も出ますし、
なにより暮らしやすいのだと思いますicon01
2008年10月21日

左官の竃(かまど)講習会 おまけ

実は、足元には、左官職人にとってはよだれがでる、
すばらしい鏝がこんなにもたくさん並んでいましたicon22
01518
講習会の参加者もみんな興味津々です。。。
02398
そして、気になる材料も惜しみなく公開!!
普通では考えられないことです。。。

2008年10月20日

左官の竃(かまど)講習会2

では、施工手順です。
一気に説明します。

全国左官技能大会の優勝者の方々による
すばらしい技術と共にご覧下さい。

まずは、「かっちゃく」と呼ぶ「中塗り土」を塗ります。
01519
次に「砂漆喰」を塗ります(もちろん糊は入っていません。)
02399
さらに、少し「ベンガラで色をつけた砂漆喰」を塗ります。
03286

これだけでも、金ゴテで押さえると少し光って見えます。
04190

最後に「赤ノロ」を塗りつけます。
05120
スポンジなどでムラをとったりしています。
0668
鏝で何度も押さえます。
0738
最後に手のひらで押さえてさらに光らせますicon08
0818
これで完成ですicon22icon22icon22
0914
最後に講師やスタッフの方々です。
一日ご苦労様でした。
1015
感想としましては、技術の高さにはため息が出ます。さすがです。。
そして糊がなくても光る材料の配合がすばらしいです。
この両者があるのでこのような曲面でもきれいに仕上がるのだと思います。

・・・それにしても、こんな贅沢な竈で炊いたお米を食べてみたいものですicon01
さぞかしおいしいんだろうなぁicon11





このように、現在、年に数回、全国の優秀な左官の技能者が講師となり、
様々な左官の工法の講習会を開催し、
それを聞きつけた、左官職人、左官メーカー、雑誌社、鏝屋さんなどが参加して、
左官の技術向上にあたっています。
左官ネットワークはすごいんですよicon02
もし興味のある方は、
ネットで「左官塾」で全国のイベント・講習会の案内を知ることができます。
ぜひご覧下さいませ!



・・・おまけicon20
1119
2008年10月19日

左官の竃(かまど)講習会

本日、東京都中野区の富沢建材にて、
竈(かまど)の伊勢磨き講習会」に参加しました。

講師は、「西川和也」「尾崎孝行」「松木憲司」さんの3人が中心です。

竈(かまど)とは、鍋や釜をのせて食物の煮炊きに使用する昔の加熱道具で
別名「くど」とか「へっつい」も呼んだりします。
昭和初期以前の建物や、時代劇で見たことがある人もいらっしゃると思います。

そして、「伊勢磨き」とは、「大津磨き」や「漆喰磨き」とは異なり、
糊(のり)を使用しない漆喰磨き」の工法です。

この工法の竈は、伊勢名物の赤福餅で有名な「赤福」に行けば見ることができます。

では、この工法について簡単に説明していきます。

まずは、下地です。
耐火レンガ(珪藻土が入った火に強いレンガ)と、
土を使用して下地を作ります。
01520
そのとき、「吸気口」や「釜」を入れるところ、
02400
及び「排気口」を作っておきます。
03287
とっても愛嬌のあるかわいい形をしていますね。。。


つづく。。。

2008年10月18日

人研ぎ

久しぶりに施工しました「人研ぎ(じんとぎ)ですicon01
正式名称は「人造石研出し仕上げ」といいます。
01169

02155
そして、十何年ぶりに倉庫の奥から出してきて使用したこの機械icon08
本当の名前は分かりませんが、うちの会社では「石臼」と呼んでいます。
石が回転して、研ぎ出しを行う機械です。

人研ぎとは、「セメント」+「砂利」+「色粉」を混ぜて塗りつけて後に、
表面を研いで、テカテカの石のような表面に仕上げる工法ですicon22
03122
今でも小中学校の床や階段まわり、手洗い場でよく見かけることができますよicon11
2008年10月17日

左官技能競技大会

去る10月3日、静岡県の左官技能競技大会が
開催されました。

製作課題は、「ケヤキの擬板仕上げの組木プランター

弊社からも2人出場しました。


こちらが完成作品です。
01170
02156
セメントと色粉で作っています。

静岡県建通新聞にもその模様が紹介されました。
03123

2008年10月16日

棟方志功の壁画復活

ちょっと前の話題ですが、
棟方志功の壁画が復活したそうです。。

半世紀以上も前に、
桐生市のレストラン店主が棟方志功に依頼して描いてもらった絵が、
店の雰囲気に合わないということで、
完成した翌日に漆喰で塗りつぶしてしまい、
誰も見たことがない伝説の壁画だったようですicon08

01631
それを丁寧に剥がしたのが「左官の樋口宗平さん(70)」という方だそうです。
どうやって??という疑問は残りますが、
いずれにせよこんなところでも左官職人が活躍するのは嬉しいことですicon02

2008年10月15日

ブロックベースコンクリート

左官工事の一つにもなると思いますが、
エクステリア(外構工事)でよくある一コマの作業、
ブロックベースコンクリート打ち」です。
(コンクリートブロックを積むための下地のコンクリート打ち作業)

01598
なにげなく作業しているように見えますが、
実は色々と考えるポイントがあるんです。

①ブロックベース幅は?
②   〃    の砕石とコンクリートの厚さは?
③お隣さんとの境界ラインとの取合いをどうするか?
④鉄筋の配筋ピッチをどうするか?
⑤水平に型枠が入っているか?
⑥天気はどうか?
⑦コンクリートの量と配合(スランプ,強度,骨材の大きさ)は?
⑧生コン車が入ってこれる程度の道路幅はあるか?
⑨洗い水をどうするか?
⑩コンクリート打ち後、その日は作業が出来ないので、
 他の場所の段取りの確保。


などなど。

こんなコトを毎日考えながら作業してるんですねicon01


2008年10月14日

光る泥だんごの授業

地元の小学校5年生の道徳で、
光る泥だんご」の授業を行いました。

完成した1クラス約40人分の泥だんごですicon22
01446
最初、「左官を知っている人!!」と質問しましたが、
なんと、手を挙げた人は0人でした・・・icon08
ということで、「鏝」「鏝板」を見せて左官の説明をしましたが、
ふ~ん・・・。という感じ。。。
02348
でも事前に作っておいた「光る泥だんご」を見せると、みんな興味津々icon01
ホントに光るのか半信半疑ながらも真剣に作り始めました!
03243
先生も一緒に挑戦ですicon02
04157
しっかりと出来上がり、とっても嬉しそうな笑顔ですicon02
05100
まとめとして最後にこんな話しをしました。

『どこにでもある土や砂や石灰などを上手に組み合わせて、
一生懸命磨くことでとっても輝くきれいなものに生まれ変わります。
これは人でも同じことが言えると思います。
また、一個だけでは失敗しているのも、きれいに光っているのもありますが、
こんなかんじ
(一番上の写真)でみんなまとまると、何倍も良いものになります。
ですので、みんなも協力し合いながら、
一人一人がさらに輝きを増すようにがんばってください。』
icon32


・・・本当は、
『大きくなったら左官の家の壁に塗り壁をしてくださいね。』
そして、『この中から一人でも左官の職人になってくださいね。』


と言うつもりでしたが、忘れてしまいました・・・icon07


それにしても、貴重な体験をさせていただきました。
先生、生徒さんみなさんありがとうございました。
もう一度挑戦したければいつでも遊びに来てくださいねicon11

2008年10月12日

左官の鏝(大きさ編)

鏝の「大きさ」についてです。

昨日の「形状」の話とかぶるのですが、
大きさにも様々なものがあって、
壁の形や仕上げの種類により、
左官職人がその都度、現場に合った大きさのものを使用します。

鉛筆まず大きい鏝について説明します。

大きい鏝のメリットは、鏝の長さや面積が大きくなるので、
平らに塗ったり、押さえたりすることができます。
(逆に、押さえて仕上げるときに、もし平らに塗れていないとすると、
鏝が均等に当たらずに仕上げることができません。)


それから、大きい鏝は一度にたくさんの材料を
乗せることができますので作業性も早くなります。

ただし、大きい鏝ほど力を入れて塗らないと
鏝の圧力がかかりませんので大変です。。。icon20


実用モデルでこんな大きな鏝も販売されているそうですicon08
01401
この鏝は長さ90㎝だそうで、定価で約2万円ほどとか。。。
作業風景を見てみたいです。

02323
この鏝もアイデア商品ですね。なんと!両手で持って作業するそうです。
平らに押さえられそう。。。

ちなみに小さい鏝では、
8ad894e2595403b0908df833b4637378
こんなのもあるそうです。。。

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

しっくいまるわかり大辞典

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ