HOME >ブログ

ブログ

2008年11月24日

建築家「堀部安嗣」講演会 開催

昨日、前回のブログで紹介した建築家「堀部安嗣(ほりべやすし)講演会」
に行ってきました。

(写真を撮り忘れましたので、今回は文字だけですm(_ _)m)

少し強引ですが、左官との共通点があったように思いましたので
そのあたりについて述べてみようと思います。

堀部さんの建築感の中でいくつかキーワードが出てきました。

・居心地の良い
・さりげない
・謙虚で・・・
・機能的
・エレガント
・親密性
・フレンドリー

そして、我々の年代は、「昔はよかった・・・。」と教わらずに成長してきた。
昔の方がよかったところもあるはずで、それを大事にしてこなかったことが・・・。





堀部さんの建築感=左官感

と考え方たほうが正解なのではないか・・・。そう思いましたicon06

2008年11月21日

建築家「堀部安嗣」講演会

01516
先月の「住宅建築10月号」に特集されたように、
とても注目を集めている住宅設計の多い建築家のようですicon01
02396
そんな有名な建築家が左官の壁に対してどのような考えを持っているのか
とっても興味ありますicon22

2008年11月20日

ホームセンターの左官材料

久々にホームセンターに行ってきましたicon27

買い物ついでに、どんな左官の材料や道具が置いてあるのか気になりましたので、
左官のブースに立ち寄ってみましたicon11

DIYでできる「珪藻土」や「漆喰」の材料、道具が置いてあります。
パンフレットもあったので頂いて参りました。
01390
・・・感想です。
数年前は、珪藻土しかなかったのに、漆喰が置いてありましたのが驚きました。
(とはいえ、漆喰に樹脂が入った練り上がりの材料でした。
塗りやすく配合してあるのだと思います。)


また、珪藻土は3種類あり、種類が増えていました。

注意ということは、左官壁の良さと認知度が浸透しつつあるのでしょう。
とても嬉しいことですicon02

さらに、道具もDIYセットだったり、コテの種類も豊富にあります。
ということは、需要があるということですので、
DIYで施工する方も増えているということなのでしょう。。。




塗り方や道具の説明書です。
一般の人向けですので分かりやすく書いてありますicon01
02317

03227
その中でおもしろいのが、
余った珪藻土をケーキの形材に入れて乾燥させると、
                         エコな消臭剤ができます!

なるほど・・・icon22

2008年11月18日

ポロポロ落ちる壁

よくお客さんにこう言われます。

左官の塗り壁ってポロポロ落ちるんでしょ~~!?

半分正解ですicon20
01151
そういえば、私自身、このような壁を親戚の家に行っては、
手でこすってポロポロ落として遊んでいました・・・icon07

確かに、この壁はポロポロ落ちます。

理由は左官屋になってから分かりましたicon22


答えは「左官の塗り壁材に含まれている樹脂の経年劣化」ですびっくり


塗った当初は樹脂でしっかり固まっていてよいのですが、
時間が経って劣化すると、少し触っただけでポロポロ落ちます。


でも、樹脂の入っていない、「」「石灰」などの材料はいつまでもポロポロ落ちません。
ただし、「」は性質上樹脂よりも少し柔らかいです。
石灰」は樹脂とは質感がちがいますし、石灰が主成分の漆喰の壁が落ちるときは
下地から浮いてしまうときです。



ということで正解は、

左官の樹脂入りの塗り壁ってポロポロ落ちるんでしょ~~!?

はい、そうですicon03

2008年11月17日

オープンハウス 中庭

昨日のオープンハウスでの中庭も好評でしたので紹介しますicon01

和風の庭です。今では本当に少なくなりましたね。
手入れが大変だからなのでしょうか??
でも、眺めていてほっとするし、なんだか落ち着きます。
木々の移り変わりから季節感が感じられ、小鳥たちも遊びに来ます。icon01
これが和風の庭の良さなんでしょう花
01595
玄関の中から見たところです。
02465
リビングからの眺めです。
03343

2008年11月16日

オープンハウス

本日、オープンハウス(完成現場見学会)を行いました。

左官がいっぱいの家ですicon22

外壁は「そとん壁」掻き落とし仕上げ
01564

LDKは、壁,天井を珪藻土(メルシーライト)仕上げ
02435
和室は「糊さし仕上げ」(本庄山土)
03316
玄関は珪藻土引き摺り仕上げ(リターナブルパウダーA<サメジマコーポレーション>)
04214
左官の実演も行いましたicon20
05140
こんな模様の鏝絵を描きましたicon01
0680
0747
たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございましたicon01

2008年11月15日

小学校のイベントで泥だんご

01445
本日、袋井市の小学校のイベントで
静岡県左官業組合青年部西部支部として
左官の光る泥だんご」を開催いたしました。


とにかく、80人×2回の計160人の泥だんごを一気に作りますので
スゴイ活気ですicon24
02347
03242
スタッフは大忙しでとても大変ですicon20
04156
こんなにたくさん下地の土団子を用意しましたicon08
0599
材料はこんな感じです。。。
0660
子供達が真剣に一所懸命作業している姿はとても微笑ましいですねicon01
0733
0815
でも、「泥だんご屋さん」でなく、「左官屋さん」ですから、
子供達よ!覚えてくださいねicon03

2008年11月14日

蔵つくり隊が「荒壁塗り」

静岡県の松崎町にある長八美術館の前で、
土蔵の新築を行っているそうですが、



先週の日曜日は「荒壁塗り」を行ったそうです。

01478
「荒壁塗り」とは竹小舞(竹を組んで縄で編むこと)の後に、
一番最初に土を塗る作業です。
土とワラを混ぜて少し発酵させたもの荒壁土といい、それを塗ります。
土蔵では、「手打ち」といい、荒壁土を手でソフトボールくらいに丸め、
鏝を使わず手で竹小舞に押しつけていきます。

2008年11月13日

木造の外壁のモルタル下地の厚さって?

外壁の「モルタル下地」(アスファルトフェルト+波形ラス+モルタル
の法規の話です。


木造住宅の外壁にモルタルを塗りますが、
本当はどのくらいの厚さを塗らなければならないのか?
恥ずかしながら正確に知らなかったので調べてみましたicon20


鉛筆ややこしいのでできるだけ分かりやすく解説してみます。

あくまでも「木造」で「外壁」のみの話です注意

まず、建築基準法の燃えにくさを規定する構造の種類として、
耐火構造」「準耐火構造」「防火構造」の3種類があります。

耐火構造の方がより燃えにくい構造になっていると考えてください。

そして、
耐火構造」にするためには、×です。
準耐火構造」にするためには、「モルタル下地の厚さが20㎜以上
防火構造」にするためには、「モルタル下地の厚さが15㎜以上
にしなければなりません。
(ぜひこれだけは覚えておきましょう!
もし頭がごちゃごちゃになっていないようでしたら、下も引き続きお読み下さい。)


では、どのようなときに、「準耐火構造」や「防火構造」にするのでしょうか?

それは、地域別に定められている、
防火地域
準防火地域
無指定
の3種類があります。

防火地域」は、例えば駅前などのビルや店舗が密集しているところに多く、
田舎は「無指定」のところが多いです。

防火地域」は、
・平屋又は2階建てで、100㎡以下の建物は「準耐火構造
                       →「モルタル下地の厚さが20㎜以上
・平屋又は2階建てで、100㎡より大きい建物は「耐火構造」→×
・3階建ては面積に関係なく「耐火構造」→×

(※外壁のみの話ですので、
耐火建築物=耐火構造、
準耐火建築物=準耐火構造と考えてください。)


準防火地域」は、
<平屋又は2階建て>
・500㎡以下の建物は「※延焼のおそれのある部分のみ防火構造
                         →「モルタル下地の厚さが15㎜以上
・501~1500㎡の建物は「準耐火構造」→「モルタル下地の厚さが20㎜以上
・1500㎡より大きい建物は「耐火構造」→×
<3階建て>
・500㎡以下の建物は「防火構造」→「モルタル下地の厚さが15㎜以上
・501~1500㎡の建物は「準耐火構造」→「モルタル下地の厚さが20㎜以上
・1500㎡より大きい建物は「耐火構造」→×

(※延焼のおそれのある部分とは、
一般に、道路中心線又は隣地境界線から2階以上の階では5m以内、
1階では3m以内の範囲が延焼の恐れのある部分です。)



無指定」は、
・「延焼のおそれのある部分」は、「防火構造
                       →「モルタル下地の厚さが15㎜以上
・「延焼のおそれのある部分」以外は規定がありません。






ということだそうです。本当にややこしいですね・・・icon01






では、問題です鉛筆

木造」の「3階建て」の「300㎡」の「住宅」の「外壁」の「準防火地域」で、
モルタル下地を作る場合、何㎜塗ればよいでしょう!!








答えは「防火構造」になりますので、「15㎜」が正解ですびっくり 


お疲れ様でしたm(_ _)m


2008年11月12日

オープンハウス

たまには宣伝させてくだいませicon03

11月16日(日)にオープンハウスを開催します。
自然素材がいっぱい、左官がいっぱいの建物ですicon22
中庭の庭もスゴイですびっくり

お近くの方はぜひぜひ。。。

01647

02502
【塗り壁】左官仕上げ
 外壁:そとん壁<高千穂>掻き落とし仕上げ
 内部(壁・天井)珪藻土仕上げ
    (和室)糊さし仕上げ

【天然木】自然素材
 床・腰板:パイン
 柱:桧(ひのき)
 床柱:槐(えんじゅ)
 下駄箱:杉(すぎ)

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

しっくいまるわかり大辞典

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ