版築風の壁Ⅱ

先日紹介して見本を作成した、版地風の壁の仕事は残念ながら愛知県の某左官屋がやることになってしまいました・・・。

ですが、せっかくなのでお断りを頂いて、作業風景を見させていただきました。

材料は土・石灰・砂利・スサ(炭素繊維?)で自然素材のオンパレードです。
それを良い塩梅になるように練ります。

まずはその材料を塗りつけます。

次に砂利を埋め込みます。
写真をよく見ると分かりますが、貫板をあてがうのがポイントです。

刷毛やスポンジで表面をあらくします。

最終的にこんな感じで完成です。
これを繰り返し行い、最下部まで仕上げるということです。
全面が仕上がったところでまた見に行きたいと思います。

感想ですが、プレミックスの材料を使用しないことはとてもすばらしいと思います。また、模様出し方法などとても工夫しています。左官屋冥利につきる仕事です。