HOME >ブログ >その他 >左官を考える会in常滑(三和土について)

左官を考える会in常滑(三和土について)

01659
左官を考える会in常滑」シリーズは今回で最後です。

2日間にわたる講習会の中で、
初日の夕方に記念講演会を行いました。

講師は、
土どろんこ館館長、大学教授、写真家、左官職人、執筆家
の計5人でした。
01658
テーマは「三和土(たたき)」について、
違う職業の方がひとつのテーマについて語っていただきました。

特に興味深かった内容に、「長七たたき」ということについて。
長七とは「服部長七<1840~1919,三重県出身>」のことで、
非常に硬い三和土を発明し、三和土で護岸工事などを行った
方のようです。

ちなみに、「三和土」とは、一般的に「」「石灰」「にがり」の3種類を
配合し、少量の水で練ったものを叩いて固める仕上げです。

三和土はセメントよりも固まる時間も遅く、初期強度も弱いのですが、
塩分には強く、徐々に強度があがり、石のように固まっていきます。、
さらに、セメントのように中性化することがないので、
長い年月強く固まっています。
その性質を利用し「長七」が護岸工事を行ったそうです。
今でも、彼が行ったこの「長七たたき」は
現在でも「四日市港の潮吹き防波堤」で見ることができるとかびっくり

さらにさらに、現在この「長七たたき」が見直され、
INAXの基礎研究所が
カンボジアのアンコール遺跡のひとつ「アンコールトム」で
基礎の修復工事を行っているそうですびっくりびっくり
セメントを使用しない理由は、
長期間の耐用年数がないからだそうです。


ところで、ある講師がこんなニュアンスのことをおっしゃっていました。
現代は強固なものを作る技術は進歩した。
しかし、柔らかいものを作る思想も大切ではないか。
そして、土のような柔らかいもののほうが美しいのではないか。


・・・たしかにセメントのように簡単に固まってくれるもののほうが、
現代社会の方が合っているのかも知れません。

だけど、柔らかいものには心のやすらぎのようなものだったり、
あたたかい人のぬくもりのような感じのものだったり、
心や精神的なようなものがあるのかもしれませんおすまし


そして、最後に三和土を科学するような話もありました。

・どのようなしくみで三和土が固まっていくのか?ポゾラン反応について。
・材料の配合をどのように考えていったらよいのか?
・石灰は「消石灰」「石灰クリーム」「生石灰」のどれがよいのか?
・にがりの代用品「塩化カルシウム」「塩化マグネシウム」のどちらがよいのか?
・そもそもにがりを入れる意味とは?
                     などなど。。。


三和土について非常に考えさせられた記念講演会でした本
02508

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

しっくいまるわかり大辞典

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ