HOME >ブログ >左官【外部】 >プラスターボードの下地処理材

プラスターボードの下地処理材

最近、珪藻土を塗るときの下地には
プラスターボード(石膏ボード)」がほとんどですが、
そのジョイント(つなぎ目)や入隅,出隅などに亀裂防止のために、
ファイバーテープ」を貼ったり、「パテ(下地処理材)」を塗ったりします。
要するに壁を一体化することで
ヘアークラックを発生させない配慮をするわけです。

でも・・・同じように施工しても亀裂がでてしまうことがあります。
いろいろな要因が重なってプラスターボードが動くためです。

珪藻土でも樹脂が入っていればまだ良いのですが、
そのような材料は「機能」や「安全性」は確実に落ちると思います。
そして自然素材に100%に近づいた樹脂の入っていない材料ほど、
弾性ではありません(伸び縮みしません)

この難しい自然素材の材料ををプラスターボードの上に
薄塗り(2㎜程度)で塗るわけです。
下地処理が重要になってくるのは当然のことになります。

下地処理に手を加えれば加えるほど、
クラックは発生しないのは分かるのですが、予算は限られますし、
珪藻土などのメーカー出している説明書のとおり下地処理したり、
同時に販売している下地処理材というのもあるので、
それを使用すればよいのですが、
万が一クラックが発生してもメーカーが補償はしてくれるものではありません。

なにか「左官用で下地処理専用のパテ材」がないものかと思っていましたが、
結構よさげな材料を見つけました。

フジワラ科学((株)で最近発売した、「ウォールパテ」というものです。
01231
02195
感想は・・・
メリット
・練ってあるのですぐに使用できる。
・ビス穴など厚付けしてもやせない。
・伸びるので塗りやすい。
・乾いた感じはコーキングのような弾性っぽいかんじがして、
 亀裂がおきにくそう。
 (まだ初めて塗ったので結果はでていませんが・・・)
・お手軽な金額
・プラスターボードと吸水率が近い

デメリット
・あくまでも樹脂系なので、自然素材に徹底的にこだわる方は不可。

いろいろ賛否両論はあるところですが、
普通に良い材料のような気がしました。。。

左官屋さんで他に使っている方がいましたら感想を聞きたいところです。

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ