HOME >ブログ >左官【外部】 >お蔵の改修

お蔵の改修

今日、お蔵の改修工事の依頼が来ましたので、実測に行ってきました。
01305
明治末のお蔵のようです。100年以上!?

一度補修はしているようですが、
このように漆喰の上塗りが全体に剥がれ落ちるというのは、
おそらく、補修したときの漆喰の材料がよくなかったように思います。

この補修は、水切りはほとんどがなんとかくっついていますので、
それはそのまま残します。
で、施行方法を簡単に羅列すると・・・

残っている壁面の漆喰を剥がして、
荒壁強化剤なるものを塗布して、
一部は荒壁をつけて、
中塗り(大直し)して、
破風は角を起こして、
砂漆喰をなめさせて、
(そのときファイバーネットを伏せ込みます。)
上塗りの漆喰仕上げという方法になります。

(超マニアックなのでよく分からないですよね。。。
 詳しく知りたかったり、質問がありましたらトラックバックしてくださいね。)

お蔵の改修は左官屋にとってはとってもやりがいのある仕事です。
最近は、コストの関係でモルタルや塗装で補修してしまうことが多いのですが、
工事がきまったら、できるだけ昔ながらの方法で施行し、
少しでも長く保存できるようにしたいと思います。

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ