HOME >ブログ >左官【外部】 >洗い出し3

洗い出し3

さて、いよいよ塗りつけです。
01308
練った材料を床に均していきます。このとき木ゴテ(プラスチックのはダメですよ)を使用するのがポイントだそうです。平らに均しやすいのと、砂利が均等に散らばるからだそうです。

ある程度塗りつけたら次にトンボや定規で平らにします。
02252
この作業を行わないと間違いなく水がたまるようなへこみが出来てしまいます。
意外と簡単そうで神経を使う大事な工程です。


さらにタッピングというのを行います。(いろいろ大変でしょ。。。)
03180
写真のような道具でトントンたたきます。そうすると石が平らに沈み、表面には「あま」と呼ぶセメントペーストがでできます。こうなるとあとで洗うときが非常に楽になります。


その次に頃合いをみて(人が乗れる固さくらい)金ゴテで伏せ込みを行います。(写真を撮るのをわすれました。スミマセン。)伏せ込みとは堅い厚いコテでギュッギュ押さえることです。こうすると砂利がさらに平らになって仕上がったときにきれいに見えます。これもとても重要な作業です。


まだまだ続きます。次は遅延材といってモルタルを固まる速度を遅くする液を表面に噴霧器でかけます。
04119
その後にその液が蒸発しないように薄いビニールシートをかけます。
この遅延材をかけると表面のモルタルだけは固まらないので、洗うときに下のモルタルは固まっていて歩きやすいし洗いやすいということになります。


明日が洗い出しの最後になります。お楽しみに。。。

つづく

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ