HOME >ブログ >材料

材料

2009年4月22日

アスファルトフェルトと防水シート

昨日のラスの下地には通常、
アスファルトフェルト」という黒い防水シートを貼ります。



それに変わるものとして、
透水性防湿シートで「モルタルラミテクト」<セーレン>
という耐アルカリ性のシートもあります。

さらにグレードアップしたもので、
昨年11月に発売したばかりの「止水機能付防水シート」を紹介します。
01389
このシートは表(外側)はこのように水にはじきます。
02316
裏(内側)は・・・、
03226
なんと水に反応してゼリー状に固まってしまいます。
04149
ということは、このように水をかけたときに、
ステープルの穴に入り込んだ水がゼリー状になって止水します。
すごいですね。
(実際はこの上にモルタルを塗っているのでこんなに水がかかることはありません。)
0594
アスファルトフェルトだと必ず水が内部に浸入するということではなく、
止水機能が付くことで浸入するリスクが少なくなると言うことだと思います。

それにしても驚いたことに、このシートは住友林業さんの家では
すでに6000棟以上で使用されているそうです。

我々左官屋ももっともっと良いものを
提案すべき時代なのかもしれません。。
2008年12月12日

左官は冬が大変!

左官」は冬が苦手です。

左官は「湿式工法」ですので、主に「」を混ぜて材料を練ります。
気温が低いと固まったり、乾くのに時間がかかるからです。

よくある駐車場の「土間コンクリートの金ゴテ仕上げ」などは、
冬期は乾くのが遅くて「残業」になってしまうことが多いのです。。。

さらに寒い地方では「凍結」の心配もしなければなりません。
せっかく塗った材料が乾かないうちに凍ってしまうと、
水よりも氷の方が体積が大きくなる」性質があることから、
一度凍ってしまった壁が溶けた後はその壁はボロボロになってしまいますicon08

ということで、自然素材を扱い、
自然の気候と共に仕事をする「左官」はとても大変なんですicon20




だからこそおもしろいんですけどねぇ・・・icon32

2008年11月20日

ホームセンターの左官材料

久々にホームセンターに行ってきましたicon27

買い物ついでに、どんな左官の材料や道具が置いてあるのか気になりましたので、
左官のブースに立ち寄ってみましたicon11

DIYでできる「珪藻土」や「漆喰」の材料、道具が置いてあります。
パンフレットもあったので頂いて参りました。
01390
・・・感想です。
数年前は、珪藻土しかなかったのに、漆喰が置いてありましたのが驚きました。
(とはいえ、漆喰に樹脂が入った練り上がりの材料でした。
塗りやすく配合してあるのだと思います。)


また、珪藻土は3種類あり、種類が増えていました。

注意ということは、左官壁の良さと認知度が浸透しつつあるのでしょう。
とても嬉しいことですicon02

さらに、道具もDIYセットだったり、コテの種類も豊富にあります。
ということは、需要があるということですので、
DIYで施工する方も増えているということなのでしょう。。。




塗り方や道具の説明書です。
一般の人向けですので分かりやすく書いてありますicon01
02317

03227
その中でおもしろいのが、
余った珪藻土をケーキの形材に入れて乾燥させると、
                         エコな消臭剤ができます!

なるほど・・・icon22

2008年11月11日

プレミックスモルタル

(昨日とは正反対ですが、プレミックスのお話しです。。。)



今日弊社に「陽光物産」という材料メーカーが来社されました。

このメーカーは「プレミックスモルタル」を主力商品として、

無収縮モルタル」や「カラーモルタル」,「自然舗装材」など

他社にはない独自の商品を持っているとてもおもしろい会社で、
弊社もよくこの会社の商品を使わせていただいております。
01391
そもそも「プレミックスモルタル」とは、
あらかじめ、「セメント」と「」が正確に配合され袋詰めされておりますので、
水を加えるだけで「モルタル」が出来ます。
(ホームセンターにあるインスタントセメントとは全く違います。)

現場で「セメント」と「」を混ぜて「モルタル」を作ったときよりも
材料単価は少し高いのですが、
メリットとしては、品質が安定しているので
確実な強度(圧縮、曲げ、付着)が出ます。

それから、中に配合されている砂が
ここ浜松の天竜砂(角が尖っている)と違うため、とても塗りやすいです。

さらに、「少しだけ使用する時」、
高層ビルや地下などの材料の搬入が大変なところ」には本当に重宝します。

時代の流れでしょうか・・・、「品質」や「強度」が大事になる
大きな「野丁場」の現場には、いろいろと規制や制限がありますので、
そういった意味では、職人のカンや経験にまかせるだけでなく、
今後このような材料が主力になってくるのかもしれません・・・。

左官」の材料は、様々な機能の優先順位がありますので、
用途によっての選択はいつも頭を悩ますところです・・・icon06
2008年9月5日

珪藻土を空中散布!?

左官材料として一躍脚光を浴びた「珪藻土(けいそうど)

その他の使われ方としては、
耐火、断熱の機能を活かした「七輪の材料」、「耐火レンガ」などや、
吸着(湿気や匂い)の機能を活かした「生ビールの濾過材」などで
使われています。

・・・がなんと、先日閉幕した北京オリンピックでも使用されていたそうですicon08
まずは、↓新聞記事をご覧下さい
01393

02319
ということで、6.5tもの珪藻土が空中散布!!
人体への影響はよく分かりませんが、
さすが中国。やることがスゴすぎます。。。icon24icon20

2008年9月3日

シーラー

仕上げ材を塗る前にローラーなどで塗布する「シーラーicon11
プライマー」と呼ぶ人もいます。



主な用途としては、
下地の吸い込みを調整する
下地と仕上材との付着性を高める
下地の固化
の3点で、icon22

モルタル接着増強剤」「吸水調整剤
と呼んだりもします。
01394
↑なかでも「ハイフレックス」は最もポピュラーな製品の一つです。

合成樹脂の種類の系統としては、
主なものとして
アクリル系
酢酸ビニル系(酢ビ系)
カチオン系
ウレタン系
エポキシ系
などがあり、それぞれ特徴が違います。
それらは下地(コンクリート,木部,ALCなど)や仕上材によって
使い分けています。

昔は、水や糊しかありませんでしたが、
合成樹脂の発達によって、作業効率が上がり、
様々な下地にも塗り壁が対応できるようになりました。

特に野丁場の仕事では欠かせない材料ですicon01


2008年8月21日

ジョリパットの磨き

ジョリパットで有名なアイカ工業から、
イタリアンアートⅡ」という磨きの商品が出ています。
これは磨きで光る壁ですicon22
01395
02320
最近こんな感じで施工しました。

日本の昔ながらの磨きでは、「漆喰磨き」や「大津磨き」などが有名ですが、
このイタリア磨きは大理石の粉が入っていて、模様を出して光らせるのが
特徴です。

施工方法は、下塗り材の乾燥後に、上塗り材をランダムに塗りつけた後に
ステンレスの鏝で押さえるだけで輝きますicon22
それなので光らせるのは簡単なんですが、
模様の出し方が職人によって異なりますのでその辺が難しいです。。。

後は、材料代が結構高いのも難点ですが、
ポイントにいいですねicon01
2008年8月15日

スサ

01396
左官の大事な材料の一つに「スサ」というものがあります。

一般的には「藁(ワラ)スサ」のことで、「紙スサ」などもあります。

用途は主に「亀裂防止」と「デザイン性」です。
土は収縮して亀裂を起こすので、このスサを混ぜます。
また、土蔵やお城などの白壁の材料になる「漆喰(しっくい)」にも入っていますが、
「聚楽壁」や「大津壁」などなど、いろいろな壁に入っています。

写真にもあるように色々な種類のものがあるのですが、
壁を塗ってしまうと、あまり表面に出てくることは少ないかも知れません。

縁の下の力持ち的な役割ですね。

2008年8月7日

プレミックスモルタル

ホームセンターなどに行くと、
左官のDIY用で「インスタントセメント」や「インスタントモルタル
が販売されています。

ですがプロ用では、下の写真のような
01670
さまざまなニーズに応じてセメントと砂の配合比を変えた
プレミックスモルタル(既調合モルタル)」というものががあります。

普段は、「セメント」と「」をそれぞれ混ぜ合わせて
モルタル」として使用しますが、

・品質を安定させたいとき
・狭いところや高いところで小運搬があるとき
・小面積の工事のとき


などでは最適ですicon22

この材料を使用すれば、DIYで本格的な壁も塗れますよ!!icon11

2008年7月9日

価格高騰

石油高騰のあおりをうけて、漁船が出航しない、
食料品が値上がりするなど、
価格高騰のニュースで話題が持ちきりな昨今ですが、

予想通り「左官の材料」もどんどん値上がりしてきました。。。

特に「樹脂(石油化学製品)」が入っている材料の値上がりが顕著です。

とある材料メーカーではいきなり30%UPした材料もあって、
驚きをかくせませんicon08

これをそのまま単価に反映できればよいのですが、
下請け仕事が多い業界ですので、
なかなか厳しいのが実態です。。。icon25

ですが、考えようによってはこれから「自然素材の材料の値上がり幅」は
小さいかも知れません。
運送コストによる値上がりはあるでしょうが、それは石油化学製品も同じです。

ということは、さらに「自然素材の材料や国産材など」を使用する頻度が
増えてくるようになるのでしょうか?

すると石油化学製品の「便利」さ「扱いやすさ」に慣れ親しんでしまった我々が、
自然素材の「扱いにくさ」や「不均一さ」にとまどうことがあるやもしれません。

しかし、同時に「安全性」や「機能性」のよさにも気づくことになると思います。

人間はアナログで自然なものです。
いくら技術が進歩して、便利なものが出来たとしても、
アナログの人間からは脱却できません。

そういう意味で、こんなときだからこそ自然素材を
もう一度見つめなおす機会が来ているのではないでしょうか?

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ