HOME >ブログ >繊維壁

繊維壁

2009年5月12日

繊維壁の塗り替え

よく依頼を受ける仕事です。
和室の壁を塗り替えて欲しい・・・。
01148
この壁の種類はここで何度か紹介していますが、
繊維壁(せんいかべ)」といいます。
02138
こんな感じで塗り替えました。

繊維壁の程度がよければ、
その上から直接塗ることができる材料もありますが、
金額もそんなに高いものではありませんので、
繊維壁の樹脂の劣化を考えても、
一度剥がしてから塗ることをオススメしますicon22
03109
塗り替えると、部屋の雰囲気も一新しますねicon02
2009年4月24日

繊維壁がポロポロ落ちる

昭和40年~50年代に大流行した壁材、
繊維壁(せんいかべ)
01149
拡大すると、こんな感じです。
多くの方が見たことがあると思います。
02139
素材は「パルプ」「ワラ」「」「」などに「樹脂」を混ぜ合わせたものです。

だけど・・・、
03110
数十年経過すると「樹脂」が劣化してしまい、
指でこするとポロポロ落ちてしまいます。
(子供達がよくやりますicon10

ですので、「左官の壁はポロポロ落ちる」のではなく、
樹脂入りの左官材料が劣化するとポロポロ落ちる」が正しいようです。。
2008年11月18日

ポロポロ落ちる壁

よくお客さんにこう言われます。

左官の塗り壁ってポロポロ落ちるんでしょ~~!?

半分正解ですicon20
01151
そういえば、私自身、このような壁を親戚の家に行っては、
手でこすってポロポロ落として遊んでいました・・・icon07

確かに、この壁はポロポロ落ちます。

理由は左官屋になってから分かりましたicon22


答えは「左官の塗り壁材に含まれている樹脂の経年劣化」ですびっくり


塗った当初は樹脂でしっかり固まっていてよいのですが、
時間が経って劣化すると、少し触っただけでポロポロ落ちます。


でも、樹脂の入っていない、「」「石灰」などの材料はいつまでもポロポロ落ちません。
ただし、「」は性質上樹脂よりも少し柔らかいです。
石灰」は樹脂とは質感がちがいますし、石灰が主成分の漆喰の壁が落ちるときは
下地から浮いてしまうときです。



ということで正解は、

左官の樹脂入りの塗り壁ってポロポロ落ちるんでしょ~~!?

はい、そうですicon03

2008年10月6日

塗り壁の剥がし方

塗り壁のリフォームのとき、一度剥がすのですが、

よく「どうやって剥がすのはてな

と聞かれますのでお答えします。
(樹脂系の聚楽壁、繊維壁の場合です。)
01153
こんな既製品の商品があります。
02140
それを、水の中に入れて混ぜるとこんな感じでゼリー状になります。
03111
それを壁に塗りつけます。
0477
すると、すぐに浸透して不思議なことに、
指で軽くこするだけでも簡単に取ることができますicon08
0556
ということで、こんなかんじで、
スクレーパーで簡単に剥がすことができます。
2008年6月5日

黒壁の復元2

杉皮はシュレッダーをかけたりしてみたのですが、
60年前の壁のように細かくなりません。
はさみでこれ以上細かくするにも・・・。
昔の人はどんだけ手間をかけていたのかを考えると気が遠くなりますicon07

近くにあった「みじんスサ」というワラの細かいスサを見比べてみると、
01154
02141
なかなかいい感じです。

これを松煙で染め、代用することにしました。
本来のものと違うのが少し残念なところもあるんですが・・・。
03112
こんな感じになりました。

施工状況です。
0478
0557
0636
私も少し塗らせていただきましたが、
「粉つのまた」が入っているとはいえ、ワラがあまり滑らないので、
とてもスーッと塗れません。
小さい鏝で厚くならないように伸ばしながら塗っていきます。


まとめです。
この壁は理由は分かりませんが、
左官の本にも載っていない(私の知るかぎりですが・・・)壁でした。

繊維壁の前進的な壁ということで、
材料さえそろえば比較的施工難易度は
それほど高いものではないと思います。

また、この黒い壁はこれからも普通の民家では
使用することはほとんどないと思います。
理由は繊維壁の質感が今の時代にあまり受け入れられていないと
考えられるからです。

ただし、樹脂ではなく、膠を使ったということで
非常に貴重な経験にもなりました。
漆喰や大津磨きとは一味違う昔の工法として
記憶にとどめておきたいとおもいますicon01

2008年6月4日

黒壁の復元1

以前、ブログで紹介した60年前の「黒壁」を復元して施工しました。

https://hamani.hamazo.tv/d2008-03-26.html

https://hamani.hamazo.tv/e1179869.html

杉皮」を細かくして、黒く染めて、「(にかわ)」で固めるという方法です。

まずは見本作りからです。
01155
材木屋さんから分けてもらった「杉皮」を細かく切ります。
すごく手間がかかりました。
02142
こんな感じですが・・・。
03113
それを「松煙(しょうえん)」という墨で染めます。
3日間くらい寝かして、一度煮詰めました。
0479
これが「膠(にかわ)」です。
ちなみに膠とは、動物の皮革や骨髄から採られる強力な糊です。
古くは古代壁画や原始絵画の時代から使用され、
現在でも日本画の制作においては、
画面と絵具を接着するものとして重要な素材のようです。
0558
膠を一昼夜水につけた後、少し暖めて溶かします。
0637
それを布でこします。
0724
染めた杉皮を乾燥させてさらさらになりました。
0811
「杉皮」と「膠」と「粉つのまた」を配合しました。
塗りやすさをみて配合の調整です。
099
そして見本を作りましたが・・・。
1010
が60年前の壁で、が今回作ったものです。
杉皮の大きさが大きすぎました・・・。

失敗ですicon07
                                    つづく。
2008年5月7日

黒壁の正体

3/26のブログで書きました60年前の黒壁の正体が分かりました!!icon22
https://hamani.hamazo.tv/d2008-03-26.html
01156
正体は「杉皮黒壁」(勝手に命名icon32)だそうです。
繊維壁の前身の壁で、昭和30年ころに全国的に流行ったとかで、
高級なお宅に塗られたようです。

施工工程は以下の通りです。
1.杉皮を2分の長さに切る
2.薄めたお酢であく抜きをする
3.松煙(しょうえん)を溶かした液で染める
4.膠(にかわ)と混ぜ合わせ塗る

ちなみに私は
1~4のどれもやったことがありません。
たしかに膠を使っているので、剥がしてみた壁をみても劣化していません。
昔の人はなんて大変な材料作りをしていたんでしょう。

教えていただいたので早速復元してみますicon33
実はすでに壁を剥がしてあって、いよいよ樹脂系の材料で塗ろうかとあきらめていました。
02143
教えていただいた「人見さん」ありがとうございました。
本当に嬉しかったです。icon02

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ