HOME >ブログ >三和土

三和土

2010年11月18日

テニスコートは左官の仕事

テニスコートの改修工事を行いました。

テニスコートといっても種類があるのですが、
一般的に「クレーコート」と呼ばれている土のコートです。

クレーコートは日々のメンテナンスが重要で、
使用後のブラシかけはもちろん、
雨降り後のローラーかけや、冬期の塩化カルシウム撒きなどがあります。

それでも何年も使用していると、水が流れるところ、人が多く立つところは
凹んだり、逆にネット廻りは高くなってきます。

さて、今回の施工方法はこんなかんじです。
01144
ラインテープを剥がしたあと、消石灰を撒きます。
02134
次に、軽トラックで鉄骨をしっかりとつなげて引き回します。
数時間するとかなり平らになってきて、消石灰も混ざります。

最後にローラーをかけて終了です。

消石灰」と「」を混ぜると固まります。
最後に「にがり(塩化カルシウム)※」を撒くと融点が下がるので、
冬期に凍結及び霜柱などが少なくなります。


つまり「消石灰」「」「にがり」を使用していますので、
そうです。左官の「三和土(たたき)」の考え方と一緒なんですおすまし

※ちなみに三和土のにがりは「塩化カルシウム」でなく
「塩化マグネシウム」を使用することが多いようです。

2010年6月9日

三和土のアプローチ

住宅のアプローチ工事で「三和土(たたき)」を行いました。
01145
02135
材料は「消石灰」「サバ土」「にがり」に少々の「セメント」を使用しました。
本来、三和土にはセメントは使用しませんが、
外部であるということで初期強度を出すために混入いたしました。
03106
型を入れた中に、練り上がったパサパサの材料を入れ均してきます。
0474
本来は手で叩くのですが、プレートランマを使用しました。
文明の利器にはあまり頼りたくないのですが・・・。

最後に、スポンジで拭き取り仕上を行いました。
2009年7月23日

三和土について

01146
この写真は「三和土(たたき)」という左官の仕上げです。

三和土とは「」「石灰」「にがり」の3種類を混ぜて
叩く仕上げ方法です。
昔の建物でセメントがない時代はこの工法で土間を固めていました。
02136
去る7月19日に浜北左官業組合主催で、左官の講習会を行いました。
03107
講師は「木野さん」です。なんと84歳だとかicon08
土蔵の仕事を数多く手掛けられた方です。
0475
三和土の材料になる「山土」です。
普通に畑にあるような土です。
0554
それに強度を高めるための「砂利」を混ぜます。
0634
天然の「にがり」です。
にがりとは海水の塩分を除いた残りのことです。
豆腐を固めたり、アクを抜いたりするときに使いますよね♪黒
0722
それに「石灰」を混ぜて練り合わせます。
ぼそぼそ程度で水を余り入れすぎないようにするのがポイントです。
089
練りがった材料を均して叩きますicon20
097
そして化粧の砂利をパラパラ撒きます。
109
スポンジで表面のノロを取ると綺麗な土の表情になります。
1114
これで完成です。

手間はかかりますが、
どこにでもある自然の材料で仕上げるのはすばらしいです。
安全ですし、なにしろ風合いがよいですねicon01

2008年5月30日

三和土

三和土(たたき)」の施工を行いました。
三和土」で「たたき」と読みます。知らない人ははなかなか読めませんねicon21
01147
三和土」とは「」「石灰」「にがり」の3種類を混ぜて床に均して叩きます。
セメントのない時代はこのようにして床を固めていたそうです。

icon22なんでこの3種類なの?ということですが、
  「」に「消石灰」を入れることで硬化します。
  「にがり」は硬化を長時間持続させるためです。(・・・と思います)

    「にがり」とは「海水」の「塩」を取り除いたものです。
     「塩化マグネシウム」でも代用できます。

    「塩化マグネシウム」は豆腐を作るときにも使用しています。

・・・さて前置きが長くなりました。
icon34まず、見本を3種類作りました。
02137
) 深草砂利+消石灰+にがり   叩きのみ
) サバ土+白セメント        叩きのみ
) サバ土+消石灰+にがり     掻き落とし&洗出し

   「深草砂利」とは京都の土です
   「サバ土」とは浜松で園芸用や畑土に使用する普通の土です
     (「マサ土」との違いがよく分かりませんが、方言でしょうか??)
結果、(左)の深草砂利(ふかくさじゃり)に決定しましたicon32

icon26icon26icon26icon26icon26


icon34施工方法です
03108
材料をミキサーで撹拌します
0476
均します。下地は砕石です
0555
定規で平らに均します
0635
廻りを叩きます
0723
中央を叩きます
0810
洗出しをします
098
完成ですicon22


このあと1週間くらいの養生をして乾燥させます。
「白華」が出ないよう雨に濡らさないようにして、風通しもよくしておきます。
あとは「亀裂」がでませんように・・・icon15icon06

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ