HOME >ブログ >聚楽壁

聚楽壁

2011年3月20日

ステキなおウチ3

床の間に「糊差し仕上げ」という壁を塗りました。

」を飾るためにそれが引き立つ「濃紺色」の壁
を塗って欲しいという依頼があり、
この壁を提案させていただきました。
01157
材料配合には、「色土」「色粉」「みじんスサ」「」「珪砂」の
5種類を配合しています。

また、色粉には濃紺色を出すために「」と「」の色粉を配合しています。

配合は原則はありますが、
あとは温湿度と経験とカンと仕上がりのイメージを想像して決めます。
決められた既調合の材料の方が楽なときもありますが、
このようなオリジナルの配合はとても楽しみでもあります。
02144
塗った後は水が引いて乾燥するまで、
どのように色が変わり(薄くなり)、
土やスサや砂がどのような表情を出してくれるのか分かりません。
03114
自然素材の材料は出してくれる表情がとても豊かです。
そのような材料を扱える「左官」はすばらしい仕事だと思います。おすまし
2009年9月8日

糊差し仕上げ

知り合いの左官職人の現場に立ち寄らせていただきましたicon27
01158
古民家風の家の改修工事で、
荒壁から中塗りまで伝統的な工法で下地をつくり、
仕上げは「糊差し仕上げ」で施工していました。

糊差し仕上げとは、「土」「珪砂」「スサ」「糊」の4種類を配合して
仕上げる工法です。

多くの左官屋はメーカーの既調合の材料を使用していますが、
このように自然素材をブレンドすることによって、
すばらしい色と風合いの仕上げを施工することが出来ますicon22

飾らない、主張しない、自然の壁。

もっともっと広く一般の方に知ってもらいたいと思います。。icon01

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ