HOME >ブログ >土蔵

土蔵

2011年4月4日

土蔵の被害

4月2日,3日の2日間、福島県に行ってきました。
(身内がいるため、物資を持って行ってきました。
幸い地震の被害は少なかったのですが、
原発事故による様々な問題がこれから出そうです・・・。)


左官に関連する地震の被害状況はどうか気になっていましたが、
福島県には静岡県よりも数多く普通に「土蔵」がありますので、
少しそれらを撮影してきました。
01312
福島県田村市の土蔵です。土壁が少し落ちて亀裂が見られます。
躯体はしっかりしていそうで、傾いてはいません。
このパターンの土蔵被害がとても多いように感じました。
震度6強の場所でした。
02256
同じ田村市の土蔵です。
先ほどのよりも少し被害が大きい土蔵です。一部荒壁が落ちて、
木舞が見えています。速く修復しないと土が雨で流れてしまいます汗
03182
これは郡山市の少し山奥にある土蔵です。
美しい土蔵ですね。被害はあまり見あたりませんでした。
04121
三春の土蔵です。車中から走りながら撮影したので
斜めに傾いているように見えますが、
実際はしっかりと立っています。
左側の壁の漆喰が少し剥がれているように見えます。
地震の被害なのでしょうか?
0582
須賀川市の石積みの土蔵です。妻側の石が落ちています。
0653
同じく須賀川市の石積みの土蔵です。
大きく石が崩れています。
同じ震度6強のエリアですが、須賀川市、白河市の地震被害のほうが
大きく感じます。
0731
これは石積みの擁壁ですが、鉄筋が入っていないために
土蔵も擁壁も崩れやすいのだと思います。

土蔵を修復するのには時間も費用もそこそこかかります。
きっと直さずにそのまま放置してしまうところもあるのではないかと思います。
全国の左官屋さんが東北地方に集結して、
ボランティア活動で少しずつ直せるとよいのですが・・・。

2009年5月22日

喜多方の蔵2

喜多方の土蔵群を見たあと車を走らせている途中、
なんとなく目が止まった石積みの壁です。
01313
石の色や形、モルタルの色のバランスが好きです。
02257
さりげなくおしゃれですねicon01
2009年5月21日

喜多方の蔵

写真を整理していましたら、
今年、2009年元旦の写真が出てきました。。

福島県喜多方市の土蔵です。
喜多方といえば、ラーメンですが、
実は喜多方の土蔵は有名で、
今でも数多く残されています。

いくつか紹介します。

とても立派な土蔵ですね。
01314
この辺の左官屋さんは腕が良いのでしょうか?
02258
傷んでる土蔵もありました。
03183
土蔵は雪景色に合いますicon01
04122
少し涼しい気分になりました。。
2008年12月22日

土蔵完成

夏から進めてきました土蔵の改修工事。
たびたびブログで紹介してきましたが、
ようやく完成を迎えましたicon22


01318
とくに施工前はこの角が傷んでいました。
02260
全景(after)
03185
全景(befor)
04124
綺麗にお化粧された土蔵は迫力があって、
近づくと漆喰の白さに吸い込まれそうな感じになりますicon01

もし浜松近郊で修復に困っている土蔵icon35を所有されている方がいらっしゃいましたら、
いつでもご連絡お待ちしております。。。icon06
2008年10月30日

輪島の土蔵修復活動の展示

建築士会全国大会「徳島大会」で、

輪島の土蔵修復活動の展示がありました。
https://wajimareno.exblog.jp/

輪島で何度もお会いした石川県建築士会の「表さん」
まさか徳島県でお会いできるとは。。。
01317
こんな形で、建築士へ「左官」のアピールをしていただくことは
とても嬉しいことです。。。icon01
2008年8月19日

土蔵の進捗状況

土蔵の改修工事が終盤を迎えました。。。

過去の状況は↓
https://hamani.hamazo.tv/e1309710.html
https://hamani.hamazo.tv/e1278218.html

仕上げをすると化粧をしたみたいに本当に漆喰が美しいですicon22
01319
水切りの仕上げ状況です
02261
after
03187
before
04125
足場が外れるのが楽しみですicon01
2008年7月27日

白と黒

01320
これは何でしょう・・・?
2008年7月11日

土蔵の修繕始まりました

ようやく始まった土蔵の修復。
進捗状況です。
https://hamani.hamazo.tv/e1278218.html
01321
シートの中は・・・
02262
思ったより傷んでいるところもありました
03188
傷んでいる漆喰を剥がします
04126
こんなに剥がしました
0583
荒壁土をつける前に縄を打ちました

こんな感じで少しずつ進んでいますicon01
2008年6月29日

土蔵の修復~前日~

明日から「土蔵の修復工事」に着手します。
01324
修復前です。
02264
足場をかけましたので工事が終わってお化粧が終了するまで、
全体を見ることができなくなりました。
この後、屋根をかけて、雨天でも作業できるようにする予定です。
03190
足場にのって、近づいて見てみましたが、
かなり傷んでいますねicon07
04127
荒壁土に混ぜるワラを近くの牛屋さんにもらってきましたicon22
」も「ワラ」も立派な左官材料です。

また、進捗状況を報告しますね~icon32
2008年5月2日

傷んだ「土蔵」

今、和室の仕事をさせていただいているお客さんの家にある
土蔵を覗かせていただきました。
01322
詳細は聞かなかったのですが、ほとんど修繕されていない様子で、
壁の破損が大きいところもありました。
02263
この扉の前も漆喰が大きく取れています。
この出入り口の部分は、防火の実用性と
その家の権威を表す装飾性を兼ね備えた大事な部分で、
非常に複雑な工程と高度な技術が必要とされると同時に、
他人にも評価される箇所だそうです。
段々のところを見ると、角面のみが白漆喰で廻りが黒漆喰です。
これを「面白(めんじろ)」と呼ぶそうですが、非常に高い技術が必要だそうです。
この土蔵を作った昔の左官屋の技術の高さと
この家の権威の大きさが
ここだけでも垣間見ることが出来ます。
03189
入り口横の小部屋の中はこんな感じでした。
漆喰どころか荒壁も落ちていました。
早く直してお化粧してあげたいです。

お客さん修復するって言ってくれないかなぁ・・・。

BLOG CATEGORY

  • 学校の授業やイベントで! 光る泥団子
  • マットスプレ-/マットスタンプ
  • 左官仕事イロイロ ハマニの施工実績
  • 地元浜松の材料を使ったオリジナル外壁仕上 天竜壁
  • 体にやさしい伝統的な塗り壁 珪藻土・漆喰
  • 家族で参加OK!プロの技を体験! 塗り壁体験会

受賞歴

まい(米)かまど

株式会社ハマニ代表取締役 河合滋

代表取締役社長 河合 滋

弊社は約30人の左官職人による職人集団です。

高年齢化に伴い左官職人の減少が急加速していく昨今ですが、ハマニは伝統技術の継承や若い職人の育成、マナー教育、左官の啓蒙活動に力をいれており、これからもさらに飛躍し続ける会社を目指します。

ハマニのリフォーム部門有資格者のスタッフが、安心いただけるプランを提案。 些細な修繕から本格的なリフォームまで、お気軽に御相談ください。

浜松のエクステリア・外構経験豊富な専任スタッフが、お客様の条件にあったアドバイス。 快適なエクステリアづくりを提案いたします。

常務BLOG ハマニの802だより「左官」という経験とカンに左右されるこのシゴト。 とても難しくて分かりにくいと言われる世界だけど、すごく奥が深くておもしろい! 左官に対する熱い想いを語る社長のブログです。

ページトップへ